追手前高校観光地?!(2016.12/1更新)

このホームページにもシンボルのようにトップページに追手前高校の時計台の写真を掲載してありますが、高知新聞にその時計台についての記事がありました。ぜひご覧ください。

http://www.kochinews.co.jp/article/64729

※なお、高知新聞のホームページは更新が早いので、早めに御覧ください。

高知追手前高校校友会東京支部大会の模様を掲載しました。(2016.7.10更新)

7月3日に開催されました追手前高校校友会東京支部大会の写真を掲載しましたので御覧ください。


写真は校歌斉唱のシーンです

高知県移住・交流コンシェルジュ(東京窓口)の募集

東京に居ながら、「ふるさと高知」の仕事をしませんか?
高知県(受託者:高知商工会議所)では、「移住・交流コンシェルジュ」を県庁内と東京(有楽町:ふるさと回帰センター内)に配置して、県外から高知に移住を希望する人のサポートに当たっています。
現在、東京窓口のコンシェルジュ(1名)を募集中です。
「ふるさと高知」のために仕事をしたい!という方のご応募をお待ちしています。

→詳しくはこちらをどうぞ。
http://www.pref.kochi.lg.jp/~chiiki/iju/project/project055concierge.shtml

平成8年卒業柏田太郎さん(高知県東京事務所)よりの情報です。(2016.7.6)

幹事会が開催されました。(2016.4.10更新)

4月5日、新橋「浪漫亭」にて幹事会が開催されました。26名の幹事が集まり、大会実施にあたり、各担当で打ち合わせを行いました。高知県東京事務所からも新しいメンバーが参加してくれ、打ち合わせは滞りなく終了しました。うっかり写真を撮り忘れましたので、会の雰囲気はお伝えできませんが、打ち合わせ後の飲み会はご想像通りでございます。

今年の大会は下記の通りです。案内状が5月中旬には校友の皆様のところに届く予定です。是非ご参加ください。

日時:7月3日(日)13時半〜
場所:スクワール麹町(四ツ谷駅前徒歩1分)

校友の本紹介 「時空の一粒」著・横矢幹雄(S26卒)


S26年卒の横矢幹雄さんの自叙伝がこのたび出版されました。
戦前、戦中、戦後を生きた横矢氏の日記を振り返り、幼少時から城東一中時代、追手前高校時代を経て現在に至るまでの軌跡が描かれています。是非お手に取ってご覧ください。

校友の本の一覧です。

43年卒谷村和典氏著作
俳句と健康の関係、そして俳句の基本と始め方を具体的に記すほか、金子兜太・嵐山光三郎を迎えての「快老俳談」を収録した〈健康俳句〉入門書。

43年卒谷村和典氏の「胸に突き刺さる恋の句」この本の著者名谷村鯛夢は、谷村の俳号。
(2,160円税込)

43年卒の西本邦男弁護士の著作「枯れ木に花が咲いたら、迷惑ですか?」(幻冬舎)。(本体952円+税)

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2